室井一辰 医療経済ジャーナリスト

医療経済ジャーナリスト、室井一辰。『絶対に受けたくない無駄な医療』の連載をはじめ、医療経済にまつわる話題をご提供いたします。

人間ドック受けていますか

この記事では、人間ドックとしての内視鏡検査の重要性について語られています。多くの会社員が毎年の健康診断を受けている一方で、内視鏡検査を受けている人は意外と少ないことが指摘されています。内視鏡検査のメリットとして、胃や食道などの粘膜の異常を…

卵子凍結の盲点は?

www.news-postseven.com 卵子凍結の盲点は、ビジネスだということかもしれません。 ビジネスであることが悪いわけではありませんが、思ったよりもお金がかかるというのを、正しく理解しておいた方がよいと考えます。 卵子採取に20万円程度、保管が年間数万円…

2024年4月の医師働き方改革とその影響

2024年4月施行の医師働き方改革の詳細と、医療現場における時間外労働の規制強化が医師や患者に与える影響を解説。

選定医療費

www.youtube.com 安住紳一郎の日曜天国 このラジオ番組のコメント取材を受けました。 タイトルにある選定医療費は、 分かる人には分かるわけですが、 言葉は間違っています。 この番組では、選定医療費を使っていまして、 これは取材のときも、そのように表…

絶対に受けたくない無駄な医療から10年

isshinmuroi.com 絶対に受けたくない無駄な医療。 2014年6月に発行しましたが、遂に10年になりました。 出したときには重要な問題だと思って出しましたし、そこに関連した問題は多くの人が認識して、改善に向かうことを期待していましたし、 ですが、世の中…

無駄な検診と有益な検診

症状にかかわらず病気を見つけ出そうとするのが検診と考えますが、無駄な検診がある一方で、有益な検診もあります。 簡単な考え方は費用対効果が高く、安全な検査であれば好ましい検診であるといえると思います。 例えば、検便は安価、安全に大腸がんの可能…

健康診断と科学的な妥当性

線虫で病気を探す検診サービスがもめている。科学的な妥当性が問題だということ。それは議論を尽くしてもらえればと、外野から見ると思う。 解せないのは、叩きやすいところを叩いてガス抜きしてやいないかということ。健康診断と科学的な妥当性を言うならば…

新薬と効果

新薬が登場すると、期待が高まるのは当然。一方で、それが本当に効果があるかは別問題。データを詳しく見ると、大した効果がないことはよくある。メリットとデメリットを考えると同時に、効果や安全性について客観的に評価することも重要。 stellanews.life

GLP-1ダイエットと副作用

GLP-1ダイエットが人気になっている。どんな医療行為でもメリットとデメリットがある。それを理解して、リスクについても情報を集めておくことが大切。 www.news-postseven.com

美容医療と被害

美容医療はメリットとデメリットを天秤に掛けてやるという意味で、 通常の医療と全く同じ。 もともと健康な人を対象にするならば デメリットがあってはならない点で、なおさら。 被害報告が注目されているのかもしれません。 biyouhifuko.com

ワクチンは薬

ワクチンは薬というのは当たり前の話です。 メリットとデメリットがあるのも当然。 そこをきちんと考えて利用するのが重要です。

果物と健康

NEWSポストセブンでのコメントにありますように果物は健康に良いという評価が年々高まっています。

症状と検査

症状がないときに受ける検査は検診と言われますが、さまざまな種類の検診が登場しています。検診には義務的に税金を使って実施される住民検診と、人間ドックのように自費で受ける任意検診があります。最近増えているのは任意検診です。 これらは科学的な根拠…

ウイルスの生存戦略

SARSは2年で忽然と消えて、MERSも一時期大きく患者を増やしましたが、その後小康状態となりあたかも消えたようになりました。新型コロナウイルス感染症も足元では患者数が減っているのですが、ウイルスは強毒になりすぎれは人の命を奪うために、感染の機会…

コロナとインフルエンザの混合ワクチン

コロナとインフルエンザの混合ワクチンが検討されています。コロナのワクチン接種が継続的に行われる見通しになり、それについでにインフルエンザも加えてしまおうという発想です。これまでのインフルエンザの不活化ワクチンは接種しても感染する場合もある…