室井一辰 医療経済ジャーナリスト

医療経済ジャーナリスト、室井一辰。『絶対に受けたくない無駄な医療』の連載をはじめ、医療経済にまつわる話題をご提供いたします。

室井一辰ニュース

プライマリケアは患者に選ばせるのを待つのではなく、積極的に改善せよと促す研究

プライマリケアは患者に選ばせるのを待つのではなく、積極的に改善せよと促す研究が報告されています。 患者がどのような情報を、どこから得ているのかを分析したもの。質のより高い医療を受けられるようにするためには、患者自身が医療提供者の情報を求めて…

病院選択に機械学習アルゴリズムを生かすという研究、優れた結果を示す

病院選択に機械学習アルゴリズムを生かすという研究が報告されています。 自然災害によって病院閉鎖され、その後の病院選択に機械学習アルゴリズムを使うことで、計量経済学的モデルよりも優れた結果になったということ。 医療提供体制の方針を決めるなど、…

新型コロナウイルス感染症によるパンデミックに伴う失業補償制度の終了後、抑うつや不安のリスクが高まる

新型コロナウイルス感染症によるパンデミックに伴う失業補償制度の終了後にどのような影響があるのか、その課題についての研究が報告されています。特に精神的な健康への悪影響に焦点が当てられています。 失業保険の給付者に対して追加で600ドルを給付した…

ワクチンの有害事象が神経に及ぶことも

週刊ポストさんの取材を受けました。コロナと神経症状との関係についてはかねて指摘されていましたが、ワクチンも有害事象が神経に及ぶことはあるようです。 メキシコの研究グループが、高齢男性で神経症状の一つ、せん妄が現れると報告しています。もともと…

BRCA1またはBRCA2変異乳がん患者に対して、手術補助療法(アジュバント療法)としてオラパリブを用いた研究、オラパリブが生存率で有利な結果に

BRCA1またはBRCA2変異乳がん患者に対して、手術補助療法(アジュバント療法)としてオラパリブを用いた研究が報告されています。 結論は、プラセボを上回るというもの。3年無浸潤生存率がオラパリブ群85.9%で、プラセボ群77.1%ということで、有意差が付い…

コロナ感染者に人種、民族差があるとする研究報告、ラテン系の死亡者がほぼ2人に1人に、米国カリフォルニア州の情報分析から

コロナ感染者に人種、民族差があるとする研究報告がありました。 米国カリフォルニア州の1540万件に上る検査データや感染が判明した症例などの情報を分析したところ、70.0%がラテン系となっており、白人は19.1%にとどまったと言います。人口比は白人が37.5…

進行期乳がん患者の死亡率を低下させる標的治療薬の支出は、死亡率の低下につながる

進行期乳がん患者の死亡率を低下させる標的治療薬の支出についての研究が報告されています。 がんの治療薬は高額であることが問題になっていますが、この研究によると、診断された年の標的療法への支出は、進行期がん患者では2000年の患者あたり1024ドルから…

チュージング・ワイズリーとバリューベースドヘルスケア

以前に取材していただいたチュージング・ワイズリーについての記事をこちらにも貼っておきます。 バリューベースドヘルスケアという考え方は、医療で得られる価値に見合った、費用負担にしていこうというもので、チュージング・ワイズリーもそうした考えに沿…

ストレスと心臓疾患

ストレスと心臓疾患との関係についてのコメントを求められました。 たこつぼ心筋症はなかなか聞かないのと、名称が独特なので、とくに記事で注目されました。 これは日本で報告された病気なんですよね。意外と知られていません。 本当にストレスが原因になっ…

ワクチンの構造

週刊ポストさんの取材を受けています。 ワクチンの構造について、多くの人が気にしなければならないという状況はなかなか異常だとは思いました。 エピトープという、ウイルスの持っている突起部分のアミノ酸の配列情報から、エピトープという、抗原反応を呼…